スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


-------- --:-- スポンサー広告
DC-DCコンバータを利用した出力電圧可変電源
出力電圧可変のDC電源は様々な実験を行う上で欠かせないものだが、過去の記事で紹介したような 「シリーズレギュレータ方式」 は出力電圧を下げるほど熱損失が大きくなるという非常に皮肉な特徴があり、省エネや合理性といった観点からは決して積極的には使えない。

その点では、変換効率が高く熱損失が少ない 「スイッチング方式」 で可変電源が構成できれば理想的だが、果たしてコスト的にはどうか。幸い出力電圧固定のスイッチングACアダプタは普及に伴い値もこなれてきたので、これをうまく利用できないものか。

そんなことを考えていたら、最近別目的で購入した 「トランジスタ技術 2008年10月号」 の付録でスイッチング方式の DC-DCコンバータ基板 がついていたことを思い出した。この基板そのままでは出力電圧固定(5V)だが、コンデンサと可変抵抗の追加でこれを可変にすることができる。そこでACアダプタと組み合わせて出力電圧可変電源を製作してみた。

出力可変型DC-DCコンバータ 写真1

寸法は最大部測定で W110×B65×H70 とかなりコンパクトに収まった。そもそも基板が小さいのだが、高効率でほとんど熱を発生しないためポリプロピレン製のミニタッパーをケースに採用できることが大きい。折角のスケルトンなので内部に青色LEDをつけた。

出力可変型DC-DCコンバータ 写真2

入力側にはDC16V・MAX1A出力のACアダプタをプラグ&ジャックで接続。黒頭のボリュームつまみを回すことで出力電圧は1~16V弱まで連続可変。DC-DCコンバータ基板の仕様で最終出力はMAX700mA(5V時)に制限されるが実験用として十分活用できる。

DC-DCコンバータ出力波形
12V・300mA出力時のオシロ波形。このリプルをどう捉えるかは用途にも依るだろう。今後もいろいろと条件を変えて計測してみたい。

2009-01-18 23:21 電源
コメントの投稿 (ここをクリックするとフォームが開きます。)
    管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事のトラックバックURL
(記事引用不問です。関連記事からのトラックバック歓迎します。)

DC電源の出力を一定電圧まで降圧させて使用したい場合、三端子レギュレータを用いれば安価かつ簡単にできるが、入出力の電圧差に比例して損失...

2009-03-06 / カスタムエンジの研究室
管理人の承認後に表示されます

2014-03-24 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。